素晴らしきかな、横浜港の歴史

横浜の国際的港への前進

横浜開港時代突入

日米修好通商条約が締結したことにより、横浜が国際貿易港としてその地位を確立したことにより、横浜港は急速な発展を遂げることになる。今まで閉鎖的な文化を築いていた日本からすれば、異国の文化そのものが珍しくもあり、そして商売をする上で最大の魅力となっていた。邂逅当時、外国商館への輸出品の販売は『売込』、輸出品の購入は『引取』と呼ばれ、それぞれ売込商人・引取商人という横浜商人を通して取引が行なわれていた。特に生糸輸出は昭和恐慌に至るまでは綿花輸入と並ぶ最大の貿易品であり、横浜は生糸貿易港として世界に名を馳せることになる。貿易が拡大し外国神居留地での取引が活発になると、玄関口となる横浜では流入する外国の文化・技術がいち早く取り入れられることになる。急加速的にその様相を変化させていく横浜の姿はまさに歴史の変遷を象徴する様に進化をすることになるのだった。

たねまる かわいいよ たねまる!

明治20年代

時間が過ぎるごとに、入港する船はドンドン増していき、明治20年代ごろになると、港自体の拡大を充実を目指すために港湾施設の整備が行なわれるようになるのだった。明治21年には、外相大隈重信が初代首相の伊藤博文に横浜港の港湾設備を整備するよう建言し、イギリス陸軍工兵大佐のパーマーの監督のもと、次の年には築湾工事が始められる。

この第1期築港工事では、内防波堤と鉄桟橋が作られるのであった。

明治30年代

明治30年代から大正時代には日清戦争を経て、東洋最大の港となった神戸港に対抗すべく、埠頭や海陸連絡施設等、大規模な港湾施設の建設が積極的に行なわれるようになるのだった。明治32年。海陸連絡施設の整備を目指して第2期築港工事を開始し、工事は大正6年まで続くことになる。その後、赤レンガ倉庫と新港埠頭は、この時代に横浜市が政府に建設を働きかけて完成させたものとなっている。建設費用についてはアメリカに支払った下関事件の賠償金がアメリカから返還されたので、その賠償金を工事に当てたのだった。その後、現在に至るまで港湾施設の改良工事が度々行なわれるようになる。

大正時代

大正12年、関東大震災の発生により、横浜港も甚大な被害を受けることになり、一時期港としての機能が完全に麻痺するまでに陥ってしまう。その後の復興事業については当時の市長でもある『有吉忠一』に指揮下の下で、神奈川県と横浜市、生糸商などの横浜商人を始めとする市民らにより、国の力を借りて進められていくことになる。この当時から、関東圏にとって横浜港は最大の貿易港として機能していたため、そこが一時でも稼動不能状態が長引くようなことになれば、経済破産状態になりかねない人々が大勢板からこそ、市民だけでなく国そのものも修復事業については惜しむ姿を見せることは無かったことが伺える。この事業により、生糸検査所・ホテル・ニューグランド・神奈川県庁庁舎・横浜税関庁舎や瓦礫を利用して造成した山下公園など、今の横浜を代表としている建築や名所が作られることになった。しかし、こうした事業を成功させるために巨額の資金をアメリカでドル建て市債を発行して賄ったおかげで、後々まで続くことになる負債が市財政を圧迫することになるのだった。

昭和時代

昭和時期に入ると、京浜工業地帯が形成されたことによって、その発展に伴って横浜港は生糸貿易港から工業港へと変化するようになるのだった。昭和10年、日産は横浜市から買収した埋立地に本社工場を完成させて、自動車の生産を始めることになる。昭和初期こそ、製鉄・自動車・電機などの軍需産業が発展して、横浜港はその重要な拠点となる。昭和16年12月には太平洋戦争が始まったことにより、横浜は翌年にアメリカ軍から初の空襲を受けることになり、終戦まで計30回以上の攻撃を受けることになるが、臨海部の工場や港湾施設の被害はそこまで大きなダメージを被ることは無かった。

終戦を迎えると、横浜港と横浜市街地は連合国軍に接収されてしまい、特に横浜港の港湾施設はその9割近く物施設を接収されてしまったことにより、連合国軍から解放されたあとでも、横浜全体の復興を遅らせることになってしまうのだった。

たねまる かわいいよ たねまる!

年表

  • 明治10年(1877年) 横浜居留地が返還される。
  • 明治21年(1888年) 外相大隈重信が、首相伊藤博文に対し横浜港の整備を建言。翌年築港工事を開始。
  • 明治22年(1889年) 海沿いの旅亭東屋(横浜港南部・金沢八景)にて伊藤博文らにより草案された明治憲法が発布。
  • 明治27年(1894年) 鉄桟橋(大さん橋)竣工。日清戦争開戦。
  • 明治29年(1896年) 横浜船渠第2号ドック(現・ドックヤードガーデン)が竣工。東西防波堤が竣工し、第1期築港工事が完工。
  • 明治32年(1899年) 海陸連絡施設の整備を目指して、第2期築港工事を開始(大正6年(1917年)まで)。
  • 明治37年(1904年) 日露戦争開戦。
  • 明治42年(1909年) 開港50年祭実施。
  • 明治44年(1911年) 赤レンガ倉庫完成(2号倉庫。1号倉庫は大正2年(1913年)完成)。
  • 大正3年(1914年) 第一次世界大戦開戦。
  • 大正6年(1917年) 新港埠頭完成。開港記念横浜会館(現・横浜市開港記念会館)竣工
  • 大正10年(1921年)5月 内務省横浜土木出張所横浜港修築工場(現・国土交通省関東地方整備局京浜港湾事務所)を設置する。
  • 大正12年(1923年) 関東大震災で大きな被害を受ける。
  • 昭和5年(1930年) 山下公園が開園。
  • 昭和9年(1934年)3月 横浜税関現庁舎(クイーンの塔)竣工 。
  • 昭和17(1942年11月) 横浜港ドイツ軍艦爆発事件 4隻大破 死者102名
  • 昭和20年(1945年) 第二次世界大戦終戦。港湾施設の大部分が連合国軍に接収される。
  • 昭和24年(1949年) 港湾施設等の接収が解除され始める(瑞穂埠頭やその周辺水域、小柴水域や新港埠頭の一部を除く。これらは現在も在日米軍が管理。)。
  • 昭和25年(1950年) 横浜国際港都建設法(昭和25年法律第248号)公布。
  • 昭和26年(1951年) 横浜市が港湾管理者となる。
  • 昭和33年(1958年) 開港100年祭が行われる(100周年の年でなく、100年目の年に開催された)
  • 昭和36年(1961年) 横浜マリンタワー(高さ106m)が建てられる。
  • 昭和39年(1964年) 初代大桟橋旅客ターミナル竣工。
  • 昭和56年(1981年) 横浜港埠頭公社設立。
  • 昭和58年(1983年) 三菱重工業横浜製作所移転し、跡地にみなとみらい21事業着工。
  • 昭和61年(1986年) 本牧埠頭D突堤に横浜港シンボルタワーが建てられる。

港といえば横浜

ランディングページ制作 集客率は増すものです、効果的に作ればこれまで以上にページを閲覧する人を確保する事が出来ます。 制作実績で多くのノウハウを培ってきたウェブザスがあなたのランディングページ作りを請け負います!

素晴らしきかな、横浜港の歴史