素晴らしきかな、横浜港の歴史

戦後、横浜港の発展

復興までの道のり

昭和27年に講和条約が発効したことにより、連合国軍による横浜港の接収が解除され始めるようになる。2年前には高島埠頭を足がかりとした京浜工業地帯と横浜は接収解除されたことにより先だって復興を始めており、外国貿易も回復の兆候を見せ始める。輸入の激増により、横浜港の外国貿易量は昭和32年には戦前のピークでもある昭和12年を上回るほどの輸入量を記録する。横浜港の輸入品は終戦直後は戦後ということもあり不足がちだった食料品を始め、石油や金属、鋼鉄席、石炭なども徐々にその量が増えていき、それに対しての輸出品は鋼鉄や車両、機械類が占め工業港としての性格を強めていくことになる。

昭和43年ごろになると、コンテナ専用埠頭となる本牧埠頭が造成されることになり、コンテナ船が入港を始めるのだった。1970年代にかけて神戸港と共に、日本着発の国際コンテナ物流を支える拠点としての役割を果たすことになる。しかし世界規模で急速に進んだ海運のコンテナ化への対応では、東京港大井埠頭整備により、後塵を拝することになってしまう。

たねまる かわいいよ たねまる!

オイルショックを経て

1970年代の日本の海運を支える拠点となる年でもある1970年代には、日本にもオイルショックの影響が多くその危険性を国中に伝播していくことになる。横浜港にしても、この事件により貨物船の船客事業から撤退したり、航路を配する海運会社が増えたことで、世界的に貨客船次行は衰退することになる、これ以降、横浜港の客船定期航路は旧ソ連の極東海運が運行するナホトカ航路のみであったが、それもソ連が解体されたことにより、1990年代初頭には廃止されることになる。

このため、現在も外国航路の乗降客数は、上海や釜山行き国際フェリー航路を有する大阪港、及び上海や天津行き国際フェリー航路を有する神戸港と比べても、横浜港はその数は比較できないほど少ない。

この状況を打破するためにも横浜市と横浜港は、新しい国際客船ターミナルの竣工を2002年に実行し、ワールドカップ日刊大会開催に合わせて、クルーズ客船の機構誘致に市を挙げて積極的に乗り出した。海運会社には着眼料金の半額を横浜市が負担するなどした結果、平成15年度の横浜港の日本船籍クルーズ客船の寄港数は初めて日本最多となった。さらに2000年代中盤になると横浜市の働きかけにより、日本優先の飛鳥Ⅱ破線席を東京港から横浜港に移すことになる。こうして横浜港は乗降数を増やすことに成功したが、その後の横浜港の構成推移が横浜市経済へ与える波及効果が高いために、継続したクルーズ客船やコンテナ船誘致が重要な政策課題として、今後の横浜港の問題としても残っているのでいまだ全盛期の輝きを取り戻しているとは言いがたい現状を送っている。

たねまる かわいいよ たねまる!

平成の横浜港

神戸港が阪神淡路大震災で都市機能そのものが完全に麻痺したことにより、平成7年以降の外易コンテナ取扱戸数では国内首位となったものの、その3年後には東京港に抜かれてしまう。在来・素材貨物を含んだ総取扱貨物量では、名古屋港と千葉港に次ぐ国内シェア第3位となっている。

横浜港で陸揚げされたコンテナはトラックに載せられると、元町通りを通って各地に運ばれる様から、元町通りはコンテナ街道と呼ばれるようにもなる。そのため渋滞が頻発する原因となってしまうために、元町通りを通らずに高速道路に入れるように、横浜港周辺の道路整備が求められるようになる。横浜港を代表とする建築となっている横浜ベイブリッジもこの道路整備の一環として平成元年に建造され、都市計画道路として各埠頭を繋いで横浜港を環状型に結ぶ臨港幹線道路も実業化されていくが、全線完成までには至っていない

素晴らしきかな、横浜港の歴史